1月
11
2012

ついについにXperia acroをroot化したので手順まとめ。


兼ねてから当ブログでも軽く触れてきたAndroid端末のroo化。

本来はroot化なんてするつもりはなくて、標準の機能でどれだけ満足に使用するかということを目指していました。(なんか言ってることは大きいですけど大したことじゃないです。)

そんな中、GoogleさんからAndroidアプリの「Google 日本語入力」がリリースされ、へーへーってことでさっそくインストールして、動作も快適だし良いね良いねと遊んでいると、画面上部の通知バー部分にいやーなアイコンが。。

screenshot_2011-12-16_1111.png

あぁ…いつもの端末容量が少なくなりました。ってやつねとうんざりして、取りあえず「Google 日本語入力」は削除することに。

空き領域が21.42MBなんてそりゃ少ない。それもこれもSDカードに移動もできず、端末から削除もできないプリインストールアプリのせいです。

かたやSDカードはというと…。

screenshot_2011-12-16_1117.png

ご覧の通りで空き領域:26.04GB。もう単位違っちゃってる。。

前置きが長くなりましたが、意を決してというか半ば勢いでroot化に踏み切りました。

root化の手順

もうこれは言わずもがなですが、下記は当たり前のことですね。

  • 端末のroot化は自己責任となります。
  • キャリアやメーカーの保証期間内であっても、保証対象外となります。
  • 作業に失敗した場合など端末の動作が不能となる場合もあります。

でもって、昔はうにょうにょと設定が必要だったようですが、便利なツールを提供してくれる方がいるので、今やワンクリックです。ほんとに簡単。

root化前に事前準備を。

万が一の場合に端末を初期化して工場出荷時の状態に戻せるよう以下2つのソフトをインストールしときます。

事前準備が済んだらいよいよroot化。

root化するためのツール「DooMLoRD’s Easy Rooting Toolkit」をダウンロードします。

「DooMLoRD’s Easy Rooting Toolkit」をGUI化したWindows用root化ツールが公開、端末のunrootにも対応 | juggly.cn

上記に記載されているリンク先に飛びます。

[Daily Update]Root / Unroot Sony Ericsson Xperia 2011 v1.5 without unlock bootloader – xda-developers

上記ページに記載の「Link to download」の横のリンクをクリック。

次のページのリンクをさらにクリックしたページから「Root_Unroot_Sony_1.5.rar」がダウンロードできるので、ダウンロードして解凍。

解凍するとフォルダ内はこんな感じ。シンプルです。

DooMLoRD’s Easy Rooting Toolkit

さてさて、パソコンと端末をUSBケーブルでつないで「USBデバッグ」を有効にしておきます。

準備ができたら、先ほど解凍したフォルダ内の「Root_Unroot_Sony.exe」をクリック。

そうするといよいよな感じのウィンドウが開きますので、「root」ボタンをクリック。待望のプログラムが走り出します。

確か5分前後で終わった気がしますが、簡単にroot化完了です。

※簡単だけど失敗する可能性もゼロではないので、前述した初期化できるような事前準備は忘れないようにしないとですね。

さて、先ほどのプログラムが終わると、端末側には「Superuser」のアプリが自動的にインストールされてました。

root化して一番やりたかったアプリの移動などの手順はまた次回のまとめということで。

関連するエントリー

  • 3357kingman

    すいません 唐突な質問なんですが……
    4.0.1.C.1.24でrootを取られたのでしょうか?

    • nkaz0412

      >3357kingmanさん
      こんな更新もしてないブログへコメントいただきどうもです。
      rootの件ですが「4.0.1.C.1.24」ではなく、旧ビルドの「4.0.1.C.1.9」でroot化しています。

      ちなみに「4.0.1.C.1.24」にアプデすると、rootが塞がれるとのことですが、それの調査もせずに未だに古いビルドで使っております…。

  • 白薔薇

    こんにちは。上記二つのソフトを使って出荷時状態に戻せばroot化の痕跡は残らないのでしょうか?あまりよくわかってないもので・・・すみません。

PIXTA:Kaz Photo